Home >賃貸教室>基礎知識

基礎知識

事前に知っておきたい賃貸の基礎知識

初めての家探し。何から始めればいい?という方におすすめの情報。
賃貸の住宅を借りる上で注意したい点や、知っているとトクすることをご紹介します。
相場、予算、物件選び、契約・解約、入居、退去時の注意点まで、
不動産取引の流れにそって、不動産を借りるときのポイントをまとめました。

住まいを借りるまで

まずは自分の希望を具体的にしていきましょう。

入居したい時期、住みたい地域、住宅の種類、広さや間取りなど、いつ頃、どんな住まいに住みたいのか、まずは賃貸物件に対する希望条件の洗い出しを行いましょう。

これだけは譲れないという条件を決める

物件はたくさんありますが、すべての希望条件を満たす物件を見つけるのはなかなか難しいものです。 バス・トイレが別になっているタイプがいいか、キッチンはガス式か電気式か、エアコンはついているかなど、自分にとって必要なものと、妥協できるものを分けておくといいでしょう。 希望条件には、絶対に譲れない項目から優先順位をつけておきましょう。

予算を決め、家賃の相場を調べる

希望の住まいを借りるためのおおむねの相場を調べ、毎月支払うことのできる賃料、管理費(共益費)などを確認し、予算の目安を立てます。

理想家賃は手取り収入の30%程度以下

家賃の理想家賃は手取り収入の30%程度に抑えておくことが賢明だといわれています。

家賃の相場を調べる

部屋探しではまずやはり予算を勘案して探すことが第一です。自分が希望する地域の「家賃相場」を調べましょう。 2月~4月や9月は不動産会社の繁忙期で部屋数は多くなるものの競争が激しくなり、若干相場が高くなる傾向にあります。 家賃と各種条件の大まかなな関係は次のとおりです。

収入の図

  • 急行・特急の停車駅は家賃が高くなる
  • 駅近ほど家賃は高くなる
  • 3階建て以上の鉄筋コンクリートマンションより2階建て
    以下のアパートのほうが家賃が比較的安い

一般的にアパートは、マンションよりも防音性が劣るのが欠点です。騒音が気になる場合はマンションを選ぶ方がよいでしょう。

アパート・マンション

インターネットや不動産情報誌、住みたい地域の不動産会社から物件情報をチェック!

インターネットや情報誌

インターネットによる賃貸情報収集は広範囲の情報をすばやく収集できますし、賃料相場を把握するのにも大変、役に立ちます。賃貸情報誌は不動産会社から賃貸物件の広告を集めて消費者に届けるものです。発行するまでに1~2週間かかるので、情報誌が発売された時点では、すでに成約してしまった賃貸物件が掲載される可能性があります。

不動産会社に行って探す

特定の地域を限定している場合、地元に詳しい不動産に相談すると、周りの環境などがより詳しくわかるので、より早く理想に近い物件にめぐり逢えるかもしれません。

情報収集

物件を見学する

物件のチェックポイントや周辺環境のチェックポイントを事前に知っておきましょう。

室内のチェックポイント

日当たり冷暖房費にも関わります。後から工夫で対処でしにくい条件なので要注意
収納奥行き、幅など採寸しておきましょう。カビやシミがある場合は湿気が多いので注意
コンセントの数これにより電気器具の配置が制限されます。間取図に書き込んでおきましょう。
水回り使い勝手の良し悪しだけでなく、実際に水を流し状態を確かめてみましょう。
洗濯機置き場室内なのか室外なのか、チェック。室外の場合ベランダなどなどに置くことに
セキュリティー外から室内が覗かれないか、ピッキングされやすい鍵でないか?
エアコンすでに設置されているのか、あるいは設置することができるか?
家具の配置スペースすでに家具を持っている場合は、寸法を測って間取り図に書き込み
ベランダ洗濯物や布団が干せるスペースがあるか
室内の汚れ,破損あとでトラブルにならないためにもチェックしておきましましょう。
携帯の電波意外に忘れがちですが、携帯電話を持って行って必ずチェック

敷地内・建物まわり

ゴミ置き場ゴミ置き場の位置。マナーなどゴミ出しの様子を担当者などから情報を得ると確実
郵便受けポストの下にチラシなどが捨てられていないかなど、住民のマナーをチェック
建物前の道幅車が通れるか。引越しにも影響します。
駐輪場の有無自転車を持っている場合要チェック。
エレベーター待ち時間が長いとストレスとなりますので、エレベーターの数、スピードも要確認。

周辺

ゴミ置き場ゴミ置き場の位置を確認すると同時に、住人のマナーも確認しましょう。
郵便受けポストに鍵がついていない、つけることができないなんてことがないように。
建物前の道幅車が通れるか。引越しにも影響してくるので、確かめておきましょう。
駐輪場の有無自転車利用の方には必ず必要となってきます。
騒音大きな道路に面している場合など、騒音対策されているか確かめておきましょう。

入居の申し込みをする

借りたい物件が見つかったら、貸主へ入居の申し込みをします。申し込みは、一般的に書面で行います。
貸主などが入居申込者の審査を行います。その際、保証人などが必要となる場合があります。

契約

重要事項説明

契約前に、必ず行われるのが「重要事項説明」。重要事項説明は、不動産会社が法律上義務として行う手続きです。説明内容が事前の説明と同じ内容か確認し、内容を十分に理解した上で契約しましょう。

賃貸借契約を結び入居する

契約条件が正確に契約書に反映されているか確認しましょう。トラブルになりやすい退去時のルールについては念入りに確認しましょう。賃貸借契約を結ばれたら、鍵の受け渡しなどが行われます。鍵を受け取ったら、家財の搬入前に室内を点検して、現況を確認します。

入居

引っ越し

引っ越しについて

賃貸借契約の更新手続き

不動産の賃貸借契約の場合、「契約期間は2年間」となっていることが多いのですが、契約期間満了後も引き続きそのお部屋に住みたい場合には「更新手続き」をいます。

「契約更新のご案内(更新案内書)」などの通知書が届く

契約条件によって異なりますが、通常、契約の終わる1~4ヶ月前までに契約更新の案内が届きます。
更新を望む場合、期限までに忘れないように提出しましょう。

入居後のトラブル

退去

不動産会社あるいは貸主への解約の申し出

賃貸借契約書の解約予告の条項に沿って、貸主へ解約の申し出をます。所定の解約申出書がない場合には記載すべき内容を確認して書面を作成します。なお、書面での申し出の前に、あらかじめ不動産会社あるいは貸主に電話連絡などをしておくと、円滑に進められるでしょう。

明け渡し

不動産会社あるいは貸主の立ち会いの下、室内の状況を確認し、原状回復の範囲などを決めます。その上で、鍵などを返却し、部屋を明け渡します。トラブルにならないよう、立会前に、賃貸契約書をよく確認し、貸主借主の間に原状回復義務に関する認識に違いが出ないようにしましょう。

敷金の返還

明け渡し後に敷金が返還されますが、現状回復費用を精算した上で、借り主に返還されます。

退去・敷金

まずは賃貸 検索

エリア

予算

種別

お問い合わせ

採用情報

お客様の声

テレビCM公開中

賃貸教室

ご紹介キャッシュバックキャンペーン

キンキホーム 店舗一覧

賃貸 mobile

ページの先頭へ